見た目はベンツ! でも中身は別モノなヨーロッパの特殊トラック専門メーカーに昂ぶる!!

 ヨーロッパのトラックメーカーといえば、メルセデス・ベンツ、ボルボ、スカニア、イヴェコ、ルノー、DAF、MANの大手8社が有名だ。が、実はこれ以外にもたくさんのトラックメーカーが存在するのをご存知だろうか?

 それらのメーカーが生産しているのは、大手メーカーが対応できないニッチな用途に特化した特殊トラック。キャブコンポーネントを大手メーカーから調達しているため、見た目は大手メーカーのトラックと瓜二つだが、その中身はまったくの別モノ。

 ここではヨーロッパの中でも有名な特殊トラック専門メーカー4社をピックアップし、その特色や製品ラインナップを紹介しよう。

文/緒方五郎 写真/各メーカー
※2022年3月14日発売「フルロード」第44号より

【画像ギャラリー】見慣れたキャブと見慣れない多軸シャシーのギャップがスゴイ!! ヨーロッパの特殊トラックをチェック!!(9枚)画像ギャラリー

テルベルク・テフニーク

 オランダのテルベルク・テフニーク(Terberg Techniek)社は、ロイヤル・テルベルク・グループ傘下の大型トラック改造メーカー。大幅なシャシー改造を得意とし、トラックメーカーでは対応できない重架装ニーズに応えている。

 1869年創業という長い歴史を持ち、現在は関係の深いボルボ車を対象に、GVW20〜80t、3〜6軸までのシャシーフレームの延長または短縮、および車軸の変更、軸数の変更、サスペンションの変更などのほか、シャシー改造を伴う上モノ架装も行なっている。

テルベルクのFH16 610 12×4/8

●FH16 610 12×4/8
ボルボFH16ベースの6軸車で、駆動方式は12×4/8。「/8」は後2軸がステア車軸という意味

●FMX 12×4/8
先代ボルボFMXベースの6軸車で、3軸目と6軸目が追加ステア車軸。ボディはバケット揚程高104mの高所作業車だ

●FMX 10×4/8
同じく先代ボルボFMXベースの5軸車で、3軸目と5軸目がステア車軸。ヘヴィデューティなダンプボディを架装する

ジナフ

 同じくオランダを本拠地とする大型特殊トラックシャシーメーカーが、ジナフ(GINAF)社だ。同社は1967年にオランダのトラックメーカー、DAFのキャブコンポーネントとアクスルを使用した自社ブランドトラックの製造・販売を開始し、現在に至る。

 独自の油気圧式サスペンションや、電子制御式車軸ステアシステムに定評があり、2016年にはEVトラックも発売。なお、同社は2011年に経営破綻して中国資本となったが、のちにプロパー経営陣が株を買い戻し、現在は再び民族資本経営となっている。

ジナフのX6 10×6

●X6 10×6
主力モデルで、6×4、6×6、8×4、8×8、10×4、10×8など幅広い駆動方式を設定。キャブはDAF CF用だ

X6トライデム 8×4
トライデムは後3軸車のこと。オランダでは前2軸車に対しGVWがプラス1トン追加される

●HD5395TS
車両総重量95トンの鉱山ダンプで、駆動方式は5軸10×6。キャブはフォード・トルコ製だ

デュラブルeシティ
都市内配送用のEVトラックで、道路清掃車や塵芥車の架装にも対応。キャブはDAFまたはメルセデス・ベンツを用いる

シス

 フィンランドのシス・オート(SISU Auto)は、極寒でも重作業に対応できる特殊トラックを開発・生産するトラックメーカー。社名は、同社の源流となったスオミ自動車産業が初めて開発したトラックに冠したブランド名に由来する。

 現行のフラッグシップモデル「ポーラー」はメルセデス・ベンツのキャブコンポーネントを使っており、最高出力900HP、最大トルク3000Nmを発揮するハイブリッドモデルも設定する。

シスのポーラーハイブリッド

●ポーラー
シス独自のラダーフレーム&アクスルに、メルセデスのパワートレーンやキャブコンポーネントを組み合わせたフラッグシップ。2017年には鉱山ダンプ用5軸車「スーパーポーラー」も発表した。

●ポーラーハイブリッド
2017年に発表したポーラーのハイブリッドモデル。ダイムラー製パワートレーンにパラレルハイブリッドシステムを組み合わせ、最高出力900HPを発揮する

●E15T 10×10移動掘削車
移動掘削リグを10×10シャシーに架装した特殊カスタマイズ車両。キャブは軍用トラックからの流用だ

●E11T
2000年代前半にフィンランド軍向けに生産された8×8トラック。自社製シャシーにカミンズ社製エンジン、ルノー製キャブを搭載する

次ページは : アストラ