高速での走り方やSAの迷惑駐車! 人の振り見て我が振り直せ? 長距離ドライバーが路上でのマナー違反を語る

高速道路の走行マナーが悪化している?

 駐車に関するマナー以外にも、最近ものすごく気になる事があります。これも高速道路にまつわる事なんですが、トラック、一般車問わず、キープレフトをしない車両がとても多い事です。

 高速道路を走る時の原則は左側通行でキープレフト遵守がマナーというか法律で決まっていると思います。2車線の高速道路では比較的守られていすが、3車線の高速道路などで真ん中車線を低速で走る車両が目立ちます。

 近年、車両の維持費の面や若者のクルマ離れが原因の一端を担っているのか、休日などは特にカーシェアリングなどのレンタカー利用者が増えた気がします。

 普段クルマを運転しない人高速も一般道も同じ感覚で運転しているのでしょう。3車線の一番右車線(追越車線)を低速で走行しているのも良く見かけます。速度差もありますし、万が一追突でもしてしまった場合には大事故は避けられないでしょう。

 一般ドライバーはプロではないので、キープレフトのマナーを知らなかった、自動車学校で習ったけど、高速道路を普段利用しないから忘れている可能性もあります。

高速道路は一番左側の車線を走るのが基本。3車線区間にはそもそも大型トラックの「車両の通行区分」が設けられているケースが多い

 しかしながら、一般車両のお手本となるべきプロドライバーもキープレフトの原則を怠り、3車線の真ん中を低速で走る姿をよく見かけます。

 特に社内速度を設定してるような会社の車両がよくやっている気がします。なんで追い越しが終わった後に左車線に戻らないのか、毎回不思議に思います。

 3車線の場合、右が追い越し車線、左車線も真ん中車線は走行車線なので、低速で真ん中を走る事は問題ないとはいえ、そこはやはりキープレフトの原則に従い、低速ならば一番左の車線を走るのがマナーだと思います。

 3車線設定されてる場所は、新東名高速や新名神高速、伊勢湾岸道など、比較的速度が速い路線になります。速度設定が速い路線で、速度差のある追突事故を起こした場合、必ず大事故に繋がります。

 事故を1件でも減らし、道路を快適に利用する為には、高速道路を利用する1人1人がマナーを守り、周りに気遣いのできる運転をすることだと思います。

【画像ギャラリー】長距離トラックドライバーの視点で見た路上でのマナー違反(6枚)画像ギャラリー