20ftも40ftもこれ1台!! 日本の法規に対応した専用パーツを搭載した海コントレーラがドイツからやってきた!!

■足回りは欧州最先端装備で万全

足回りはエアサス、シングルタイヤ、ディスクブレーキといった欧州最先端の装備を標準装備。タイヤ代や高速料金の低減に寄与する
足回りはエアサス、シングルタイヤ、ディスクブレーキといった欧州最先端の装備を標準装備。タイヤ代や高速料金の低減に寄与する

 足回りはエアサス、シングルタイヤ、ディスクブレーキといった欧州最先端の装備を標準装備。シングルタイヤはダブルタイヤに比べてタイヤコストを低減。ディスクブレーキはトレーラ用EBS(電子制御ブレーキ)との相性がよく、乗用車のようなブレーキフィールを実現する。

 エアサスはリフトアクスル機構も搭載。リフトアクスルは空車で高速道路走行時、トレーラの車軸3本のうち、前側2本を持ち上げることで、高速料金枠を特大車から大型車に引き下げ可能。高速料金コストの低減に寄与する。

 また、エアサスの車高調整機能は通常、トレーラの車体に備わるスイッチで操作するが、最新の欧州製トラクタ(ボルボ、スカニア)と組み合わせた場合、運転席のスイッチから操作することもできるという。

 価格は630万円からという設定。一般的な国産海コントレーラが大体350万円ぐらいなので割高に感じるかもしれないが、40ft用と20ft用の2台の購入費、ランニングコスト、駐車場代などを考えると、こちらのほうがお得感そうだ。

 ちなみに港湾部の駐車場を借りる場合、1台あたり月3〜4万円とのこと。年間だと大体30〜40万円のコストダウンが可能だ。

 なお、トランスウェブでは今後、ケスボーラーがラインナップするさまざまなトレーラを日本市場に導入予定という。

【画像ギャラリー】日本の法規に対応した専用パーツを自社開発!! ドイツから来たトレーラメーカー、ケスボーラーの本気を写真で見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【世界最大の商用車ショーIAA2022】大型トラックの電動化が加速!! フルロードVol.47 本日(12/12)発売!!

4年ぶりに開催された世界最大の商用車ショー「IAAトランスポーテーション2022」の10ページ超の大特集をはじめ話題満載の「フルロード」Vol47の中身をいち早く紹介!!